Love Love Love

3月23日に開催予定の「Love Love Love」のイベントに向けて

「愛」についておしゃべり。


愛を語るには、ちょっと躊躇する私達ですが、だからこそ感じていること。

Harumi:愛といっても、色々な愛がありますが、、、(笑)

     愛って、、、

 

Yoshie:私にとっては「自由にさせて貰えること」が

    愛の本質に繋がっているのだと思っている。


    自分の様にしてしまう、思い通りにしたいって違うなって思っていて

    たとえ相手が子どもでも、楽でいられるよに

    「与えること、受取れること」だと思う。


    自分の親がそうだったんだよね。


    両親から「こうしなさい」とか言われたことがなくて

    逆に自分がやりたいことは、やらせて貰えていたからね。

 


Harumi:それを愛だって感じたのは、いつ?

 


Yoshie:大人になってからだよね。。。


    物心をついて、周りで両親が厳しいっていう方も居て

    自分の家は違うなって思ったし、今のパートナーとの間でもそうなんだけど

    自分が自由でいられるって大きい。

   

    なぜ、こんなに自由が大事だって思うかって振り返ってみると

    人生の中で好きなことさせて貰えていたなって、思うんだよね。


    いつでも受入れてくれる場所(両親)がある。

    これが普通だって思っていたけど、有り難いなって思う。



Harumi:なるほどね。

     大人になって色々と知って行く中で、改めてご両親の愛の大きさを感じる。



Yoshie:これも一つの愛だよね。春美さんは?



Harumi:愛を語れるような者ではないんだけどね。(笑)なんだろうな〜。。。


     私は離婚経験があって、当時二人で日本に居て

     ま、色々あってそういう結論になったんだけど。

   

    彼にとっては異国だから、離婚後もちゃん生活して行けるように

    次の居場所に行くまでは責任を持とうと思って

    引越とか色々とお手伝いして、笑顔で送ったんだよね。

    

    その引越を手伝った彼のアメリカ人の友人が

    そんな私の様子を見て驚いていた(笑)


    私にとっては、たとえ夫婦でなくなっても人として

    ある人生の期間を共に歩んだ、同士みたいな気持ちでいるから

    普通だったんだよね。

   

    日本に長くいるそのアメリカ人の友人は

    国際結婚の難しさをずっと見て来たらしく、珍しいって思ったみたい。


    去年手掛けた仕事でね、どうしても誰かにお手伝いをお願いしなくてはならなくて

    真っ先に浮かんだのが彼で、それは彼の時間もかなり奪わなきゃならない

    大仕事だったんだけど。

    こんな時、お願い出来る人がいるって幸せだなって思った。


    最後にね、御礼を言ったら

    「御礼なんていいよ。こうして未だに春美の人生に関わることが出来て

     僕は嬉しいよ」って言ってくれてね。


    色々な愛の形があって、これもひとつの「愛」だと思うんだよね。


    中には、別れたら二度と会いたくないって言う人いるけれど

    私は、人として失いたくない関係だなって思っているんだよね。



Yoshie:互いがそう思える。

    フレンドシップに持って行けるには、互いにそう思えないとだね。

    まだ未練があったり、恨んでいたらならないね。



Harumi;そう、共に次のステージに、互い成長し合ってだね。



Yoshie:別れ方って大事だね。



Harumi;思うのだけど、上手くいっているときって、良いのは当たり前でしょう?

    でも、別れてからどんな関係性を持てるかが

    その恋愛の本質が見えてくると思っていて。


    男女色々あって、たとえある時期口もきけない

    顔を見たくないそんな時期があっても、その後でどうそれに向き合えるかが

    私はその恋愛が素敵かそうでないかってことじゃないかなって。


    その恋愛で、自分がどう成長出来たか?

    自分が成長しなきゃなんだよね。



Yoshie:そうなんだよね。以外と同じパターンを繰り返す人っているじゃない?

    苦しい恋をしてしまう、同じようなパターンがやってくる。


              私もそういう経験があって

            「自立しよう」そう思ったら今の人に出会った。


              人の成長に伴ったものがやってくるのかもしれないね。



Harumi:そうだね。昔聴いた事があるのは

    私達は誰も一人の中に「男性性と女性性」の両方があるじゃない?


    そのバランスが上手く出来ている人って

    自分の中の男性性と女性性が結婚している状態だから

    外にいる異性によって自分を埋めようとしないって。


    それってあるなーって思んだよね。

    人として、意識の中ではそのバランスは大事だよなーって思う。



Yoshie:これからはもっとそうだろうね。

    だから今までは、男性は男性性が強くなくてはいけない

    そして女性は、女性性を強くしていけないって言われて来た。



Harumi : そう。だから一緒になることで、そのバランスを取っていたと思う。

    それはそれでそういう時代にとっては良かった。


    でもこれからは、違うよなーって思う。

    一人の人の中で男性性と女性性のバランスの取れた

    いろんなジェンダーでいいんだって。


    結婚制度そのものも、どうなのよと思うし。


    自立したバランスのある大人同士が、一緒に向き合っているのが

    愛だな〜って思う。


    相手が居ても居なくても、自分の本質は変わらない。

    相手がいなくて、、と嘆くよりも、自分のバランスがどうかって大事だなーって。


    そう思えた時に、そういう相手に巡り会えるんじゃないかな(笑)



Yoshie;3月23日もご参加くださる皆さんと共に、愛をゆっくりと語り合いたいね。


読んでくださり有り難うございます。

イベントの詳細はもうすぐ!










H&Y

ありのままの自分で輝かせるために。色と質問を通して、自分力を知る。色と質問の力を味方によい未来を創る。シンガポールをベースに活動している私達がお届けしています。H&Yは、H SEEDS&THEIA ELのコラボ企画です。