春。これからどこへ?

Yoshie:   何かを始める前って、ちょっと立ち止まるようなことが起きるよね、感覚も含め。 外から見たら、止まっているように見えるかもしれないって感じ。


実は、内側には色々思うことがあって。人って表に出ているところって、違ったりするよね。



Harumi:  外側だけじゃないよね。



Yoshie:   大きく飛び立つ時って、棒高飛びみたいに、飛ぶ一瞬前で停止するじゃない?その踏み込む時って大事だよね。


だから、モヤモヤしているときって、何もしたくないって思ったりすることもあるんだけど、それも必要なんだなーって思う。



Harumi: モヤモヤって、大事。



Yoshie:  やりたいってビジョンだけ先にいくと、ついていけてなくて、止まった感じになるんだろうね。



Harumi:  だね。それって、自分がそれをやるためのエネルギーにmeetするために、その蓄え時間なんだろうね。



Yoshie:   そこで焦っちゃうんだけど、本当は焦らないことが大事なんだと思うんだよね。じゃないと小さなジャンプで終わっちゃう。



Harumi: わかる。その時に焦るがゆえに、色々なものを吸収したくなっちゃうんだけど、実は、、、



Yoshie:  逆に放電しちゃう。



Harumi: そう。そのエネルギーの充電って、実は内側に向くだけでいいんだよね。



2007年、会社を辞めた時の事を思い出すと、 「辞めます」って、急に言い出したみたいに周りに言われて。(笑)



Yoshie: ほんと(笑) 「え〜?」って驚いた。昨日まで普通だったじゃーんみたいな。(笑)



Harumi:  そうなの(笑)子どもの頃からそうで。親にもいつも事後報告になっちゃうんだけど。


迷っている時ってウダウダするんだけど、決断する前ってあえて人に言わない。ぐぐーっと内に入る分、人に言えないんだよね。(笑)


ジャンプの前に、自分のエネルギーをフォーカスしていくみたいな。


で、私たちもそういう時期を経て、2017年春間近になって、これからどこに向っているんだと思う?



Yoshie:    去年と違う自分で居たいよね。



Harumi:   とは?



Yoshie:    バージョンアップ?IPhoneでも毎年アップするじゃない?いまIPhone7?IPhone8にしていきたいよね。



Harumi:     そっか。IPhone8はまだ出てないけどね。(笑)


でもさ、IPhone5を持っていても、中身のバージョンアップは出来るけど、それじゃなくて良枝さんが言うように、機種変更って感じなんだろうね。



Yoshie:     うん。そうだね。



Harumi:    さて、良枝さんにとっての機種変更とは?

Yoshie:     在り方。もっと変えて行かないとね。これまで躊躇していたことをやるとか、一例ですけどね。もっと表現して行くことをやる。


そのとき、そのとき、軽やかに乗って行きたい。


去年と違う自分だよね。



Harumi: 去年は、どんな自分だったと思うの?



Yoshie:  色々な機会がやって来て、講座も沢山やらせてもらった。一生懸命走り切った1年だったね。


自分が望んできたことだけど、天からやってきたようなこともあって。そこの経験を生かして、もっと大勢の人に届けたい。


これまで支えてくれた方達とのご縁も深めながら、プラス、オーガニックプロダクトをもっと広く。


それには、それを対応出来る自分でないとね。



Harumi: なるほど。対応出来る自分ね。



Yoshie:  例えば、これまで出会ったのが50人だったのが、1000人に出会える自分に成長する。


成長しないと、人はやってこないと思う。

   

それは、受け入れることだったり、発信していくことだったり。ハートをもっと開いて行くこと、軽やかに、機種アップしたいなと思うね。


機種という意味では、自分の内外を広げて行きたい。あの人と話してみたいと思って頂けるような、自分に魅力がないとなーと思う。



Harumi:   そのために、まずどんなことをします?



Yoshie:    まだ、発信しきれてないなと思っていて、もっと経験したこと、オーラソーマのこと、オーガニックのプロダクトを、もっと日々の生活の中でサポートとなるように、多くの方々に伝えれたらと思っている。


場所という意味でも、広く触れる機会を持って行きたいなと思っている。


4月に日本に帰るので、良い変換時期になると思っている。1年待ったオーラソーマジュエリーも受取るので、きっとまた色々な気づきがあるかなって思っています。


春美さんは、いまどんなことを感じている?



Harumi:  私ね。去年春は日本に居て、8月からシンガポールに戻って来て、その前から芽生えていた気持ちがやっぱり大きくなっていて、そんな中でも色々とチャレンジはして、次に行く飛行機も見えて来ているんだけど。


さて、どこへ飛ぼうって感じ。(笑)

Yoshie:  どこに行きたい?



Harumi: うん、それはやっぱり「場所」のことではなくて、やはり私がやりたいことは、色々な人の生き方に出会いたい。


こんな時代だからこそ、ちょっと先の新しい生き方を実践している方達の、お話を聞きたいなって思うんだよね。


私がちょっと前に「わぉ!斬新」と思う生き方をしている人達って、既に90年代に出会っていて、「わぉ!」って話を一杯聴いていた。


子どもが小さいからこそって、夫婦で早期リタイアしちゃったり。他の友人は、夫婦の時間を大事にしたいからって、旅にでちゃったり。


世界中に家族がいるんだーって。もう何年も世界一周しながら、友人宅を転々として生活していた友がいたり(笑)


いまでこそ、そんな人が増えているけど。

                

こんな斬新な生き方に一杯出会っていたから、今の自分があるとも言える。 で、その人達から言われていた言葉を思い出すとさ「春美、人生はやりたいことをするためにある」って。


その頃は、その意味もまだよく分かってなくて。


でも、いま色々な経験を経て、そして年も重ねて来て思うのは、自分を素直にそれを表現していくことだなーって。そういう人達の生き方を、もっと伝えて行きたいなって思ってね。


なぜ、伝えたいかっていうと、やっぱり残せるものって、「人生経験」しかないなって思っているし、人生に必要で、本当に大事なことは人との出会いから教わってきたと思っているし。



Yoshie:   そんな人達に、どうやって出会って行きますか?



Harumi:  正直、わからないんだけど、アンテナを立てるかな。これまで出会って来た様に、いろんなところにオープンに。



Yoshie:   アンテナを立てるって大事だよね。



Harumi:  その意識だけは持ち続けたいね。

      

ただね、4月から家も決まってなくて、それをする為の資金も無くて、飛行機から飛び降りるようなジャンピングなの(笑)



Yoshie:   でも、そんな人達と会った後は、どんな自分になっていると思う?



Harumi:   なんだろうな。。。先程のIPhoneで言うと、「初期化設定」かもね。毎回、初期化設定。

 

初期設定しながらも、新しいアプリが増えて行くみたいなんだろうね。


Yoshie:    なるほどね。そんな方達と会って、どんな事を聞きたい?

 


Harumi:    「生き方」。どんな経験をしてきたかを聴くだけなんですけど、その事で自分の中で感じていく。。。私はそれを体感したいんだろうね。


人生経験などを伝えることで、読んだ方が自分の人生に照らし合わせて、何かを感じて下さるといいけど。多分、本当はただ、自分が感動したいんだろうね。


そんな生き方があったんだ〜って、自分が感動したい。(笑)

 


Yoshie:   きっと、そうだと思う。(笑)



Harumi:  もういっかなって思って。残りの人生、感動していくだけでも(笑)だから「初期化設定」なんだろうね。

 

感動って、毎回違うからね。一つとして同じものが無い、それがまたいい。


そのために、この春、いままでやってきたことも「初期化します!」(笑)



Yoshie:   いいよね、手放し!



Harumi:     初期化しても、残るものは残っているからね。この夢みたいなこの話を、どうやって実現し、さらには「継続」させるかなのよ。。。


経済的の問題が一番なんだけど、それはずーっと、ずーっとこれまでも考えて、挑戦して来たんだけど、私では見えてこないので、今は流れに委ねようと思っている。



Yoshie:   さっきの話じゃないけど、何かを超えて行く。春美さんのいう初期化のビジョンの前で、見えてないだけかもしれないしね。



Harumi:  すごく思うのが、もしかすると誰も望まない無駄なことを、人生をかけてやろうとしているのかもしれないんだけど。

 

だからこそいいんじゃないかなって。(笑)


一見、無駄と思われるようなことを、一生懸命やってみるのもいいかなって。



Yoshie:   でもさ、「無駄」の定義って何ってわからないよね?一般的なことをしていれば、無駄じゃないのかって?


自分の本当の気持ちを押し込んで生きている時間は、無駄とは言わないのかって。


勿論、生きて行くためには、お金を稼がなくてはなんだけど。そこを超えて行きたいよね。



Harumi:  こんなこと言っていても(私)弱ちーから、ずっと仕事なし、家なしは出来ないと思うよ。(笑)


ただ今は、やりたいことをやってみよーって思う。

     

残りの人生、「あぁ生きた」と思える、その選択していこうって。


どんな選択をしたって、自分の人生を生ききるという意味では、誰もがみな同じだもんね。


それが、どこかで誰かの次の一歩になるように願う。


だからもう、本当に&本当に応援し合える人達と繋がって行ければいいなって、その輪がいろんなところで広がるといいなって。


生物の長い歴史を見ても、生き延びてきたものは、力のある強いものではなくて、「微力」な生き物なんだよね。過酷な環境の中でも、ちーさくやってきたものたち。


弱いって、実はもの凄い力だと思っている。その微力を響かせ合いたい。


あんなクレイジー(私)居たなーって思い出せて貰えたら、それもきっと、未来の力になるかもね。(笑)

写真は会社員だった頃の私達。

良く働き、そして良く遊んでました。

H&Y

ありのままの自分で輝かせるために。色と質問を通して、自分力を知る。色と質問の力を味方によい未来を創る。シンガポールをベースに活動している私達がお届けしています。H&Yは、H SEEDS&THEIA ELのコラボ企画です。